アウトドアにはレイアリングを必ず!

アークテリクス 通販専門店 IMEX-SHOP > IMEX-SHOPスタッフブログ > アークテリクス ジャケットについて > アウトドアにはレイアリングを必ず!

アークテリクス ジャケットについて

アウトドアにはレイアリングを必ず!

登山におけるウェアのレイヤリング(重ね着)についてです。

登山などアウトドアスポーツにおいては、体を濡らさないこと、
体が冷えないことを目的に重ね着をします。
間違ったレイヤリングをしてしまうと、ウェア本来の機能が
発揮できず、暑すぎて汗をかいてしまったり、保温機能が
生かせず、場合によっては低体温症などの深刻な事態に陥って
しまいますので、正しいレイヤリングを心がけましょう。

レイヤリングは大きく分けて、アンダーウエア、ミッドレイヤー、
アウターシェルに分けられます。
それぞれの特徴について学びましょう。

まず、アンダーウェアについてですが、これは肌に触れている
一番重要ともいえるウェアです。汗を素早く吸収し、水蒸気と
して外に発散させるのが目的です。
素材は必ず、化学繊維のものを着用しましょう。綿製品は、
綿の繊維自体が水分を吸収し、保水してしまうのでなかなか
乾きません。
常に濡れているということは、冷たいままで体温を奪い続けて
しまいますので非常に危険です。
各社さまざまな素材のウェアが発売されていますが、化学繊維
であるか必ず確認しましょう。

次に中間着であるミッドレイヤーについてですが、これは保温を
目的としています。
気温によってミッドレイヤーの種類を変化させることにより、
保温能力を変化させます。
冬の寒い時期であれば、起毛のフリース、春や秋であれば、
ジャージ素材のソフトシェルなどを中間に着ます。
ソフトシェルにはある程度の撥水機能や、防風機能を持った
ものもありますので、暖かい時期であればアウターシェルを
着なくても十分であることも多いです。

最後にアウターシェルについてですが、これは防風、防水を
主な目的としています。
ウェア自体には保温機能はありませんので、ペラペラの防水
透湿素材のウェアが基本です。
ただ、アウターシェルを着ることにより、ミッドレイヤーとの
間に空気層ができ、保温性は高まります。
レインウェアジャケットでも代用できますが、冬期用のアウター
シェルの場合は、レインウェアよりも生地が厚く、丈夫にでき
ています。

これら複数のウェアを基本として装備しながら、運動量などに
応じて着脱を繰り返しながら体温調節をします。

スキーウェアにあるような、アウターシェルに中綿が入った
ようなウェアは、保温性は良いのですが、この着脱に対応でき
ませんので、あくまでスキー場内や寒い日の日常使いに特化
しています。


当店ではレイヤリングに対応した様々なアークテリクス製品を提供しています。


ハードフリース


> アークテリクス ジャケットについて


おすすめ商品

店長より一言■おすすめポイントアルファSVジャケットの魅力…

特別価格 74,300


お問い合わせはこちら

お問い合わせ
PageTop


side-sale_o.gif

カテゴリ

MENU


ご利用案内

送料:全国一律650円
10,000円以上で
全国送料無料

ご利用可能な決済方法

side_pay.gif

クレジット分割払いOK(e-コレクト利用)

ショップ紹介

安心・安全に当店をご利用頂けるのはもちろん、商品がお客様のお手元に届いた時、素晴らしい商品を購入されたことを心からお喜び頂けるよう、商品をご提供しております。

定休日


定休日の商品発送・メール連絡は、お休みさせていただいており、翌営業日に行います。 サイトよりのご注文・お問い合わせは、24時間年中無休で受け付けております。

会社概要





HOME  - おすすめ商品  - ショップ紹介  - 支払方法・送料  - お買い物の流れ  - よくある質問  - お問い合わせ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。